悪童バロテッリ、“FK失敗”で憤怒 手袋叩きつけ動画110万再生超にファン「笑いを誘う」

代表復帰話も浮上するなか、自身の公式インスタグラムにFK練習動画をアップ

 フランス1部ニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、今季リーグ戦17試合13ゴールを決めるなど好調をキープしている。代表復帰話も母国で浮上しているなか、自身の公式インスタグラムに動画をアップ。トレーニング中に憤怒するような素振りを見せ、「マリオが発狂」とイタリアメディア「Sport Fair」が報じている。

 バロテッリは1月27日のリーグ・アン第23節、敵地メス戦で1ゴールを決め、17試合出場で得点ランキング6位タイの13ゴール目をマークした。昨季の15得点(23試合出場)に迫る勢いを見せるバロテッリには、母国イタリアで代表復帰の噂も持ち上がっているという。そんななか、かつて“悪童”と称された男は自身のインスタグラムを更新。FKを練習する動画をアップした。

 動画ではゴール正面約20メートルの位置からFKの練習に取り組むバロテッリが登場。助走から右足を一閃すると、ボールは壁を越えてゴール左隅へ吸い込まれた。1本目には本人も満足そうな様子で、すぐさま2本目をセット。歩幅を合わせて右足を振り抜くと、今度はややカーブがかかりすぎ、ゴール外に外れてしまう。

 するとバロテッリはふて腐れたのか、ゴールに背を向けて放送禁止用語を連呼。動画ではその部分にピー音が被せられているが、かつての悪童は何度も同じ用語を繰り返しながらゴールから離れると、自身の手袋を地面に叩きつけるなど感情を爆発させた

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング