日本代表、W杯直前に“南米コンプレックス”払拭なるか 6月12日にパラグアイと対戦決定

欧州内で国際親善試合を実施と発表 8日のスイス代表戦と2連戦に

 日本サッカー協会は8日、ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前となる6月12日に、日本代表がFIFAランキング31位のパラグアイ代表と国際親善試合を行うことを発表した。

 すでに日本は6月8日に、スイスのルガーノでスイス代表と国際親善試合を行うことが決まっており、その4日後に欧州内で南米勢と戦うことになった。ハリルホジッチ監督は対戦決定に際して、「パラグアイはデュエルの強さが特長であり、戦況に応じたプレーを選択できる賢さも併せ持つチームです。また非常にハードな守備とカウンターを大きな武器としています」と分析。「3年半の活動の最後の直線、本大会直前にチームコンディションをトップにすることが大きな目的となります」と、本大会前最後のテストマッチの意義を語っている。

 日本はこれまでパラグアイとは2勝4分2敗。2010年南アフリカW杯では決勝トーナメント1回戦で当たり、0-0の末にPK戦で敗れた。欧州で対戦するのは今回が初めてとなる。

 

page1 page2

トレンド

ランキング