勝利の女神になれず!? “ポム”こと次世代なでしこMF、高校選手権観戦の写真公開で反響

地元の山梨学院を応援するため三ツ沢公園球技場で試合観戦、ツイッターに写真をアップ

 第96回全国高校サッカー選手権大会1回戦が12月31日に各地で行われ、悲喜こもごものドラマが生まれた。そんななか、次世代のなでしこジャパン(日本女子代表)候補として注目されるINAC神戸レオネッサ所属のMF仲田歩夢が試合をスタンド観戦。自身の公式ツイッターを更新し、写真とともにその様子を伝えている。

 今季の仲田はMF登録ながらFWでも起用され、なでしこリーグで15試合(1得点)、リーグカップで9試合(2得点)に出場。なでしこリーグでキャリアハイとなる公式戦24試合に出場し、得点も自己最多3得点をマークするなど着実に成長を遂げている。

“ポム”の愛称でファンから親しまれ、なでしこジャパン入りも期待される24歳MFが訪れたのは、三ツ沢公園球技場だった。山梨学院(山梨)対米子北(鳥取)の一戦をスタンドから見守ったという。仲田は自身の公式ツイッターで「山梨学院の応援!がんばれ〜」と綴り、まさに“勝利の女神”となるべく声援を送った。

 現在は神戸に所属しているが、仲田の出身は山梨県山梨市。中学時代までは山梨でプレーしており、愛着のある地元の高校を応援していたようだ。写真では、スタンドの椅子に座った仲田が共通券で顔の一部を隠し、おどけた様子が映し出されている。

page1 page2 page3

トレンド

ランキング