「入浴後は浴衣に…」 新旧なでしこ7人が温泉旅行、艶やかな“浴衣姿”オフショット公開

 

熊谷や鮫島、川澄が“温泉旅行”の様子を報告、艶やかな浴衣姿の写真もアップ

 

 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)でキャプテンを務めるDF熊谷紗希(オリンピック・リヨン)や代表DF鮫島彩(INAC神戸)、元代表FW川澄奈穂美(シアトル・レイン)が26日に揃ってインスタグラムやブログを更新。新旧なでしこジャパン7人による“温泉旅行記”の様子を伝え、艶やかな浴衣姿も公開した。

 

 なでしこリーグは今季を終え、熊谷が戦うフランス女子1部D1フェミナンはリーグ中断期間に入っている。現在一時帰国している熊谷をはじめ、2017年に代表で共闘してきた鮫島、DF有吉佐織(日テレ・ベレーザ)、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)、MF上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟レディース)に加え、元代表の川澄やMF田中明日菜(INAC神戸未定)らが連れ立って大分県の別府へ旅行に出掛けている。

 

 熊谷は自身の公式インスタグラムを更新し、「別府温泉グルメ旅行記 美味しい料理ばかりで幸せでした」とコメントを添え、旅館で撮影した写真を8点アップ。そこには、風味豊かでとろけるような味わいが特長と言われる豊後牛の肉をはじめ、刺身などの豪華な食事が並んだ。

 

 また、浴衣姿に着替えたなでしこ7人がポーズを取りながら登場。鮫島が卵を手に持っておどけるなど、和気あいあいとした雰囲気を伝えている。7人がそれぞれ異なる色の艶やかな浴衣を身にまとう貴重なオフショットとなった。

 

 

トレンド

ランキング