Jの頂きを目指して ジュビロ磐田の躍進を支えた地道な歩みと名波監督の「イズム」

2017年は6位に躍進 名波監督はチーム作りの進捗を「3分の1か半分くらい」と表現

「どうだろう。3分の1か半分くらいまで来たんじゃないかな」

 2017年シーズン終了を前に、チーム作りの進捗具合を訊かれた名波浩監督の答えだ。

 14年の9月末にJ2で不調にあえぐ磐田を預かり、昇格を果たせずにシーズンを終えた時点での同じ質問には、「まだ2ページ目。本は2万ページ、厚さがある」と答えている。再びJリーグの頂きを目指すサックスブルーの物語は、3年間でかなりページが進んだことになる。なかでも、読者にとって今季の『章』は、読みごたえがあっただろう。

 昨季13位に終わった順位は、6位へと大きくジャンプアップ。とりわけ守備面の充実は特筆もので、30失点はリーグ最少。2016年が50失点で、開幕前に監督が得失点差『±ゼロ』を最低限の目標としていたことを考えると、同+20は快挙と言ってもいい。その裏には、昨季の苦しい戦いの中で張られた“伏線”があった。

 

トレンド

ランキング