モウリーニョ監督、シティと「パブのケンカ」級の大騒動 「敬意ってものを見せやがれ!」

勝利に沸くシティのロッカールームに乗り込み、相手GKエデルソンに罵声

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間10日のプレミアリーグ第16節、マンチェスター・シティとのダービーマッチに1-2で敗れた。本拠地で苦杯を舐めたジョゼ・モウリーニョ監督は、試合後に宿敵と騒動を起こしていたという。英紙「ガーディアン」など複数の地元メディアが報じている。

 今季リーグ戦無敗(15勝1分)のシティに屈したユナイテッドだが、ポルトガル人指揮官はただでは転ばなかった。

 記事によれば、モウリーニョ監督は勝利の喜びに浸り、騒ぎ立てるシティに激怒。相手のロッカールームに乗り込み、ブラジル代表GKエデルソンとの口論に発展したという。

 この試合でスーパーセーブを連発したエデルソンが、終盤に時間稼ぎをしたことを糾弾。徐々にヒートアップし、「敬意ってものを見せやがれ!」と罵声を浴びせかけた様子。そこにベルギー代表FWロメル・ルカクらユナイテッドの選手も参戦し、20人の選手とスタッフをまじえた「まるでパブのケンカ」(関係者)に発展したという。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング