ミラン幹部、18歳守護神のレアル強行移籍“断念”を確信 「我々は幸せな結末を待っている」

U-21欧州選手権後にドンナルンマと会談し「決着する」と明言

 ACミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマは、高額報酬の契約延長オファーを拒否する声明を発表したが、イタリア中からの非難の過熱ぶりに強行移籍を断念すると、ミラン側は確信している。衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

 ドンナルンマは現在ポーランドで行われているU-21欧州選手権準決勝に進出したイタリア代表の一員としてプレーしているが、かつてのミランへの忠誠を誓う発言から一転、契約延長オファーを拒否するという行動に出たことで炎上している。ゴール裏の自軍サポーターから偽ドル札を投げつけられるなど「守銭奴」「裏切り者」と批判され、すっかり嫌われ者になってしまった。

 だが、高まる批判に耐えきれなかったのだろうか。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が同郷のドンナルンマの実家を訪問し、家族と会談を持つなど懐柔策を続けてきたミランには、ドンナルンマ側から契約延長に前向きな意向が伝えられたという。

 ミランのマッシミリアーノ・ミラベッリ強化部長は、「交渉などの段階ではない。我々はおとぎ話の幸せな結末を待っている。落ち着いているし、自信がある。我々は自分の活躍を果たすだけで、今は待っている状況だ。(U-21)欧州選手権の後に会談を持つことになる。それで決着するだろう」と語ったという。

 レアル・マドリードへの強行移籍も伝えられた守護神だが、急転ミラン残留となりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング