久保の得点チャンスが来季増加か ヘントがクロアチア代表“10番”経験者を獲得

リエカから加入するMFアンドリヤシェヴィッチ、新司令塔として期待懸かる

 日本代表FW久保裕也が所属するベルギーリーグのヘントが、来季に向けトップ下の獲得を発表した。今季クロアチアリーグを初制覇したHNKリエカから、クロアチア代表MFフランコ・アンドリヤシェヴィッチの契約で合意したと発表している。

 アンドリヤシェヴィッチは189センチの長身で、クロアチア代表3試合出場1ゴール。代表で10番を背負った経験があり、前線に飛び出し、サイドからのボールに合わせてゴールする形も得意としている。リエカでは16得点で優勝に貢献した。

 ヘントはアンドリヤシェヴィッチが新たに「10番」を背負うことも発表している。攻撃をコントロールする司令塔として期待している模様だ。

 1月の移籍市場でヘントに加入した久保は、公式戦16試合で11ゴールという活躍を見せてきた。新たなトップ下加入により、来季はより多くの得点チャンスに恵まれることが期待できそうだ。

できそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング