コンフェデ杯参加8カ国の登録メンバー発表 Jリーグから唯一大会参加の選手とは?

横浜FMのDFデゲネクがオーストラリア代表として出場へ

 FIFA(国際サッカー連盟)がコンフェデレーションズカップ・ロシア大会に参加する8カ国の代表チームの登録メンバーを正式発表した。

 日本代表は2015年アジアカップ・オーストラリア大会で準々決勝敗退となったために出場権はないが、Jリーグから唯一大会参加の決まった選手がいる。

 それは横浜F・マリノスのオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクだ。代表キャップ数8試合と新進気鋭の身長187センチのストッパーは背番号2を与えられた。

 8日のロシア・ワールドカップアジア最終予選のサウジアラビア戦と13日のブラジルとの親善試合に参戦中のデゲネクは、6月17日に開幕するコンフェデ杯でJリーグを代表するパフォーマンスを見せることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング