スペイン16歳ヤマル、EURO史上最年少ゴール記録を20年ぶり更新 準決勝フランス戦で豪快ゴラッソ

スペイン代表ラミン・ヤマルが豪快ゴラッソ【写真:Getty Images】
スペイン代表ラミン・ヤマルが豪快ゴラッソ【写真:Getty Images】

準決勝でフランスと対戦

 スペイン代表は現地時間7月9日に欧州選手権(EURO)準決勝でフランス代表と対戦。スタメン出場したスペイン代表FWラミン・ヤマルが大会史上最年少の16歳362日でゴールを決めた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 グループステージを3連勝と1位通過したスペインは、決勝トーナメント1回戦でジョージア代表(4-1)、準々決勝でドイツ代表(2-1)を破り準決勝へ。一方フランスはグループステージを1勝2分で2位通過すると、決勝トーナメント1回戦でベルギー代表(1-0)、準々決勝でポルトガル代表をPK戦の末破り、スペインとの一戦に臨んだ。

 試合は序盤から一進一退の攻防が続くも、前半9分にフランス代表FWキリアン・ムバッペのクロスからFWランダル・コロ・ムアニに頭で合わせられて先制を許す。それでも同21分、ゴール正面やや右よりでボールを受けたヤマルは左足に持ち替えて振り抜く。シュートは綺麗な弧を描きゴール左ポストに直撃しながら吸い込まれた。

 ヤマルのゴラッソは16歳362日として大会史上最年少ゴールを更新した。これまでの最年少記録は2004年大会でスイスのMFヨハン・フォンランテンが打ち立てた18歳141日で20年ぶりに記録を更新する偉業となった。また、勢いに乗ったスペインは同25分にFWダニ・オルモが華麗なトラップからシュートを放つと、相手DFに当たりながらもゴールネットを揺らし逆転に成功。2-1として前半を折り返した。

 後半はフランスの猛攻を耐えきり、スペインが2-1のスコアで終えて2012年大会以来12年ぶりの決勝進出を決めた。相手は10日(日本時間11日未明)に行われる準決勝オランダ対イングランドで決まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング