「ホッとしました」 U-23日本代表、大岩監督はパリ五輪出場権獲得に安堵

大岩剛監督は「ホッとしました」と語った【写真:2024 Asian Football Confederation (AFC)】
大岩剛監督は「ホッとしました」と語った【写真:2024 Asian Football Confederation (AFC)】

イラクに2-0で勝利

 パリ五輪を目指すU-23日本代表は、現地時間4月29日にアジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップ準決勝のイラク戦に臨み、2-0の勝利で8大会連続の五輪出場を決めた。大岩剛監督は試合後のフラッシュインタビューで、「ホッとしました」と語った。

 日本は前半28分、MF藤田譲瑠チマが最終ライン背後に落とす絶妙なボールを送るとFW細谷真大が反応して抜け出し、今度は左足のシュートモーションからターンして右足で流し込んだ。エースの2試合連続ゴールで先制した日本は、前半42分にDF大畑歩夢、藤田、FW荒木遼太郎と速いパスがつながり、最後は荒木がGKとの1対1を冷静に決めて2-0とリードしてハーフタイムへ入った。

 後半はあとのないイラクが出足の鋭さを見せる立ち上がりになったが、日本はGK小久保玲央ブライアンを中心に無失点で試合を進めた。そして後半21分にはFW平河悠が左サイドを縦に突破してファーサイドにボールを送ると、細谷が相手に競り勝ってヘディングシュートを放ったがゴールポスト直撃で3点目とはならなかった。

 ラスト15分で相手の切れ味鋭いドリブル突破からクロスバー直撃のシュートを放たれるピンチこそ迎えたが、このまま2-0で乗り切って勝利し、8大会連続の五輪出場を決めた。

 大岩監督は試合後、「自信を持って我々の強みを出そうと。(後半は)我々の時間帯を増やしたかった。イラクも強く苦労させられた」とコメント。パリ五輪出場の目標を果たし、「ホッとしました」と語りつつ、「まだ1試合残っているのでしっかり決勝を戦いたい。より厳しい戦いになると思うので、力を出してほしい」と5月3日の決勝ウズベキスタン戦に向けて次を見据えていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド