なでしこJ、北朝鮮戦でヒヤリ あわや失点ピンチでGK山下がライン上“超絶ビッグセーブ”

山下杏也加がスーパーセーブ【写真:Getty Images】
山下杏也加がスーパーセーブ【写真:Getty Images】

北朝鮮とのパリ五輪最終予選第2戦が開催

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、2月28日に国立競技場で行われるパリ五輪アジア最終予選の北朝鮮との第2戦に臨み、GK山下杏也加がゴールライン上での際どいセーブを見せた。

 日本は前半25分、日本はFW田中美南が激しいタックルを受けて得たフリーキックでゴール前に入れると、FW上野真美が頭でつないで田中がヘディングシュートを放ち、クロスバーに当たったこぼれ球をDF高橋はなが押し込み、貴重な先制点を奪った。

 そのリードを手にハーフタイムを迎える間際だった前半45分、北朝鮮に左サイドから切り込まれるとゴール前へのボールをMFチェ・クムオクにバックヒールで狙われた。ニアサイドに詰めていた山下はファーサイドに転がっていくボールに必死の反応を見せ、ゴールラインを越えようかという瞬間にセーブ。守護神のファインプレーで日本は1点リードを守り前半を終えた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド