メッシ決定機セーブの神戸GK、PK2度ストップの「職人芸」に大反響 「GKの参考に」

神戸でプレーする新井章太【写真:Getty Images】
神戸でプレーする新井章太【写真:Getty Images】

神戸はメッシ擁するインテル・マイアミと対戦

 J1ヴィッセル神戸は2月7日、米メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミと国立競技場で対戦し、0-0の末、PK戦で4-3と競り勝った。途中出場したGK新井章太は後半32分に迎えたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの決定機でビッグセーブを披露。クラブの公式X(旧ツイッター)はゴール裏からとらえたカメラでその華麗な動きを公開し、大きな反響を呼んでいる。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 メッシは4日に中国で行われた香港選抜戦に引き続き、内転筋の違和感によりベンチスタートとなったが、後半15分に途中出場すると、ゴール前にチャンスを創出するスルーパスやマークを翻弄する切れ味鋭いステップワークを披露し、それまで停滞感のあったインテル・マイアミの攻撃を瞬く間に活性化させた。

 そして0-0で迎えた後半32分、敵陣でパスを受けたメッシが神戸の守備陣を置き去りにするドリブル突破で一気にペナルティーエリアに侵入すると、GKとの1対1の場面でゴール右隅を狙うコントロールショットを放った。これを新井が見極めてビッグセーブ。こぼれ球にメッシが詰めるも、間一髪でクリアした。さらに、PKでも2度セーブを披露。完璧にコースを読んだプレーに大きな反響を呼んでいる。

 決められたら敗戦が決定する5本目では中央のポジションをキープして反応。圧倒的なパフォーマンスにファンから「職人芸」「PK戦に弱いGKの参考になるんでは」「ファンの心を掴んだ」「ますます好きに」「新井章太劇場」「PKストッパー」「キッカーとキーパーの駆け引きに痺れる」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング