J1浦和の元コーチ「予想外だった」 日本で受けた衝撃を告白、滞在時に感じた意外な一面とは?

浦和元コーチのラファル・ジャナス氏【写真:Getty Images】
浦和元コーチのラファル・ジャナス氏【写真:Getty Images】

母国の取材でジャナス氏が日本について語る

 J1浦和レッズで昨シーズン、マチェイ・スコルジャ元監督の下でコーチを務めていたポーンド人ラファル・ジャナス氏が母国メディアのインタビューに登場。日本での生活について赤裸々に語っている。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 ポーランド生まれのスコルジャ氏はポーランド代表のアシスタントコーチや自国の強豪クラブであるレフ・ポズナンのほかにU-23UAE代表監督も務めた経験を持つ。そのスコルジャ氏とともに浦和へやってきたのがジャナス氏だった。

 コーチとしてスコルジャ氏を支え、2023シーズンのチームはリーグ戦で最少失点級の守備力を維持しながら優勝争いを演じた。しかし後半失速し4位でフィニッシュ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)やクラブ・ワールドカップ(W杯)の大会を抱えたなかで、過密日程に苦戦した面もあった。

 スコルジャ氏は昨季限りで退任。ジャナス氏もチームを離れ、指導経歴のある古巣のレフ・ポズナンに戻ることが現地で報じられている。そんなジャナス氏が、ポーランドのスポーツ紙「Przegląd Sportowy」内で日本についてのインタビューに答えた。

 日本について最も衝撃を受けた出来事を尋ねられ、「大げさにいうわけではないですが、本当に秩序が保たれている」と、例を挙げて伝えている。

「日本では仕事であれ、路上であれ、すべてのルールは厳格に守られなければならない。赤信号を通過する人はいないし、ドライバーは注意深く、黄色の信号を通過する人はほとんどいない。日本人はルールに忠実で、そのおかげで一定のレベルに達しているんだ」

 また、日本に来てほかに驚いたこととして「日本で英語を話す人があまりいないとは思わなかった」と言及した。

「英語を話す人がほとんどいないのは予想外だった。美容院やお店で仲良くなるのは厳しい。郵便局で小包を送りたいときは、どこの施設にもある特別な装置を使ってやり取りします。英語を話せば翻訳してくれるからね」

 一方で、自身の日本語の知識について聞かれると「学ぶ努力はしました。出発前に12回日本語のレッスンを受けた」と明かす。「ただ日本では、残念ながら日本語を上手く学ぶことができなかった。もっと勉強したかっが、現地では非常にハードに働いたので単に時間がなかったのもある」と振り返った。

 記事では「勤勉な国民性にもかかわらず、英語をマスターできていないというのは、ある種の日本のパラドックスである」と補足している。ジャナス氏がリアルに感じた日本の現状に、同メディアも注目していた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング