大迫&武藤の「腹筋えぐい」 ロッカールームで露わになった肉体美が話題「一切妥協してません」

神戸の大迫勇也(左)と武藤嘉紀【写真:徳原隆元】
神戸の大迫勇也(左)と武藤嘉紀【写真:徳原隆元】

ロッカールームの様子に注目

 J1ヴィッセル神戸FW大迫勇也は、今季22ゴールで横浜F・マリノスFWアンデルソン・ロペスと“ダブル得点王”に輝いた。ロッカールームで同僚から祝福される大迫の姿に脚光が集まっている。

 最終節を前に、22ゴールで得点ランキング単独トップに立っていた大迫。この時点でA・ロペスは21ゴールで2位となっていた。

 迎えた12月3日のJ1最終節。すでに優勝を決めていた神戸はガンバ大阪と対戦。大迫はノーゴールに終わったが、MFジェアン・パトリッキのゴールで1-0と勝利した。一方、横浜FMはA・ロペスのゴールもあったが1-3で京都サンガF.C.に敗戦。この結果、22ゴールで並んだ大迫とA・ロペスのダブル得点王受賞となっている。

 G大阪戦後のロッカールームで、吉田孝行監督から大迫の得点王決定についての報告が行われると大きな拍手が起こった。大迫の隣に座っていたFW武藤嘉紀も大きな声と動きでお祝いしている。

 コメントを求められた大迫は「みんなのおかげだから本当に感謝してるし、これからも、まずは一回休んでまた1日1日成長して。ピッチの中で今日は緩んでいたけど、妥協せずにまた成長していきましょう」と、試合の反省点も述べつつ仲間へ感謝の言葉を並べた。

 この様子にファンも反応。特に上半身を露わにしていた武藤、大迫には「サコ腹筋えぐい」「よっちって生粋の陽キャだよね」「一切妥協してません」「いきなりマッスルサコ出てくるやん」「大迫武藤の肉体がセンシティブすぎ」「腹筋バキバキめちゃくちゃかっけえ」といった驚きの声があがっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド