MVP初受賞の中村憲剛がブログで思いを激白 「偉大な選手たちと同じ賞を受賞できるなんて…」

「同業のみなさんに評価されることほど嬉しいことはありません」

 20日に横浜アリーナで「2016 Jリーグアウォーズ」が開催され、川崎フロンターレのMF中村憲剛が自身初の最優秀選手賞(MVP)を受賞。中村俊輔(横浜F・マリノス)の35歳(2013シーズン)を更新し、36歳での歴代最年長受賞となった。同日夜、中村(憲剛)は『Jリーグアウォーズ』というタイトルで自身のオフィシャルブログを更新。受賞後の素直な思いを激白している。

「正直、実感が沸いてなかったんですが全てが終わって車でメール、電話等合わせて250件くらい来てるのを見てたら反響は凄まじかったんだなと、ここにきてジワジワ実感が湧いています。そしてそれだけたくさんの方が自分のことのように喜んでくれたことが何よりも嬉しいです」

 中村が中学1年の時に見たというカズ(三浦知良)の登場シーンを回想しながら、「偉大な選手たちと同じ賞を受賞できるなんて…」と感慨深そうに綴っている。その一方で、同業者から評価された点に嬉しさを露わにした。

「いま、素直に、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。壇上でも話をさせてもらいましたが、中1の時にMVPを受賞したカズさんがバルーンから派手なスーツを決めて登場したシーンはいまだに色あせていません。そのカズさんそしてその後に続くたくさんの偉大な選手たちと同じ賞を自分が受賞できるなんて…。投票してくれた選手、監督のみなさんありがとうございました。同業のみなさんに評価されることほど嬉しいことはありません。本当に光栄です」

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング