PSG×アル・ナスル、前半は0-0スコアレスで後半へ C・ロナウドがボレーでチャンス作るもゴールならず

PSG対アル・ナスルはスコアレスで後半へ【写真:徳原隆元】
PSG対アル・ナスルはスコアレスで後半へ【写真:徳原隆元】

C・ロナウドが先発し存在感

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)は7月25日に日本ツアーの初戦でサウジアラビア1部のアル・ナスルとヤンマースタジアム長居で対戦。前半をスコアレスで終えた。

 PSGはブラジル代表FWネイマールがベンチスタートで、去就問題に揺れているフランス代表FWキリアン・ムバッペは日本への遠征メンバーに入っていない。ルイス・エンリケ新監督はレアル・マドリードから移籍加入のスペイン代表FWマルコ・アセンシオや同MFカルロス・ソレールのほか、MFノア・レミナやMFシェール・ンドゥールといった18歳の選手2人をスタメンに送り込んだ。

 一方のアル・ナスルは世界的スターのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、昨季イタリア・セリエA優勝のインテルから加入のクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチや、中国の広州恒大(当時名称)時代にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレーしたブラジル人FWタリスカらがスタメンに名を連ねた。

 立ち上がりはPSGがボール支配率を高めたものの、ブロックを作って構えるアル・ナスルに有効なビルドアップができる場面は少なかった。徐々にアル・ナスルが中盤で奪ったボールから攻撃に出る形を増やしたが、こちらもゴール前へのラストパスに精度を欠いてロナウドやタリスカがシュートを放つような場面には繋げられなかった。

 前半22分にPSGは中盤でのボールカットからショートカウンターを仕掛け、レミナが抜け出したもののGKとの1対1をナワフ・アルアキディがセーブ。先制点とはならなかった。一方のアル・ナスルは前半39分にロナウドがペナルティーエリア内でクロスに合わせるも、GKジャンルイジ・ドンナルンマが至近距離のシュートをセーブ。前半はこのまま0-0で終了した。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド