「残忍な行為」 久保建英、バルサDFからの“平手打ち被害”に海外衝撃

バルセロナ戦に出場の久保建英【写真:ロイター】
バルセロナ戦に出場の久保建英【写真:ロイター】

ソシエダはカンプ・ノウで32年ぶりの勝利

 スペイン1部レアル・ソシエダは現地時間5月20日、ラ・リーガ第35節FCバルセロナ戦で32年ぶりに敵地のカンプ・ノウで2-1の勝利を収めた。日本代表MF久保建英は途中出場ながらドリブルで貴重な追加点の起点となった。そのなかで、後半34分には久保が相手のスペイン代表DFマルコス・アロンソからラフプレーを受けた。そのプレーについて海外メディアは「平手打ち」「残忍なプレー」と批判している。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 ベンチスタートだった久保は後半13分に投入された。すると追加点がほしい1-0の同27分、久保がカウンターからドリブルでスルスルと上がり、スペイン代表MFマルティン・スビメンディへパスで展開。最後はノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロートがゴールへ沈めて、華麗な連係から追加点を挙げた。久保は相手DFを3人引き付けてのドリブルで起点となった。

 後半アディショナルタイムにバルサFWロベルト・レバンドフスキに1点を返されたものの、ソシエダは2-1で逃げ切りに成功。カンプ・ノウでの勝利は1991年以来実に32年ぶりの白星を挙げた。

 そのなかで、海外メディアは後半34分のプレーに注目。久保は左サイドでボールを運ぼうとしたアロンソを戦術的なファウルで止めた際に、顔面に平手打ちを食らった。顔面を抑えてしばらくピッチに倒れ込んだ久保。だが、アロンソに手を引かれて起き上がると、アロンソに歩み寄って笑顔で握手とハグを求める大人の対応を見せていた。

 これにスペイン紙「マルカ」は「日本のミッドフィルダーにファウルを受けた後、タケ・クボの顔を平手打ちしたように見えた。レッドカードを出されずに済んだのは幸運だった」とし、フランス紙「レキップ」は「久保建英に対する残忍な行為」と批判していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド