「少しずつ理性から解放」 久保建英、古巣レアル相手に敬意→“膝スラ”セレブレーションに注目

レアル戦で決勝ゴールを決めた久保建英【写真:Getty Images】
レアル戦で決勝ゴールを決めた久保建英【写真:Getty Images】

久保は2試合連続となる今季8点目で日本人最多記録を更新中

 スペイン1部レアル・ソシエダに所属する日本代表MF久保建英が5月2日、ラ・リーガ第33節レアル・マドリード戦で先制となる決勝点を奪い、チームを2-0の勝利に導いた。後半の立ち上がり2分、今季8点目をマーク。古巣のレアルから勝ち点3を掴む活躍を見せた久保だが、そのゴール後のセレブレーションに注目が集まっている。

 右ウイングで先発した久保は後半立ち上がりに大きな仕事をやり遂げる。同2分、相手のブラジル代表DFエデル・ミリトンからベルギー代表GKティボー・クルトワへのパスミスを見逃さず、抜け出し左足でゴール。2試合連続となる今季8点目でチームは先制した。

 その後、同40分にFWアンデル・バレネチェアが追加点を決め、2-0で勝利。久保は古巣相手の一発で貴重な白星をもたらした。久保はラ・リーガにおけるシーズン最多ゴール記録を更新中。レアル相手に躍動する活躍ぶりとなった。

 消化試合のズレはあるものの、レアル戦の勝利で4位ソシエダは5位ビジャレアルに暫定で勝ち点8差をつけており、悲願のUEFAチャンピオンズリーグ出場権の獲得にまた1歩近づいた。

 そんななか、久保のゴールセレブレーションに注目が集まっている。ゴール後、1度両手を下にして落ち着くような仕草を見せた後、両足で芝を滑るパフォーマンスを披露。古巣相手でリスペクトを忘れなかったものの、抑えきれなった様子だった。

 これにファンからは「セレブレーション抑えてたのに我慢できなくて」「少しずつ理性から解放されるセレブレーション」「理性と感情がグッチャグチャになっててちょっと笑ってしまった」「パフォしてるけど抑えてるからセーフ」「みんなに囲まれてると思ったらスルッと抜けてて」と多くの反応が寄せられていた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング