伊東純也、全得点関与の1G2Aに仏メディア称賛 「相手にとって悪夢のような存在」

1G2Aの活躍を見せた日本代表MF伊東純也【写真:Getty Images】
1G2Aの活躍を見せた日本代表MF伊東純也【写真:Getty Images】

リーグ・アン第25節トゥールーズ戦で3-0と快勝

 フランス1部スタッド・ランスは、現地時間2月26日に行われたリーグ・アン第25節トゥールーズ戦で3-0と勝利した。日本代表MF伊東純也はスタメン出場を果たしたなか、1ゴール2アシストと躍動。現地メディアは「相手ディフェンスにとって悪夢のような存在」と称している。

 本拠地にトゥールーズを迎えた一戦で、伊東は開始早々にいきなり躍動した。右サイドハーフで先発したなか前半4分、敵陣高い位置へのこぼれ球に反応し、そのまま前に持ち出し1人をかわしてゴール前へ。最後はGKとの1対1を制して今季リーグ戦5点目をマークした。

 昨年10月23日の第12節オセール戦以来となる得点で先制点をもたらした伊東は、さらにその3分後、中央でボールを受けた流れで右サイドのジンバブエ代表MFマーシャル・ムネツィへラストパス。これをムネツィが決めて、開始わずか7分で1ゴール1アシストと結果を残す。

 伊東の勢いは止まらず後半23分、右コーナーキックから正確なクロスを送ると、モロッコ代表DFユニス・アブデルハミドの頭に合わせてこの日2アシスト目をマーク。同43分にピッチを退くまで軽快なプレーで攻撃を牽引し、チームの全得点に関与するハイパフォーマンスで3-0の勝利に大きく貢献した。

 フランス紙「フィガロ」は、「伊東は落ち着いて先制点を挙げた。そして、今度はムネツィの止められないシュートのパサーに変わると、さらにコーナーからアブデルハミドの頭にボールを落とした。ミリ単位のパスとゲームビジョン。相手ディフェンスにとって悪夢のような存在だった」と、29歳の日本人アタッカーを称賛していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング