久保建英が“サムライ仕様”に変身? 着物&刀の勇ましい姿に反響「なんてカッコいいの」

久保建英の”サムライ”姿が話題に【写真:Getty Images】
久保建英の”サムライ”姿が話題に【写真:Getty Images】

エスパニョール戦のゴールでラ・リーガ通算10得点に到達

 スペイン1部レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、今季移籍した新天地でリーグ戦18試合に出場して4得点4アシストを記録している。クラブ公式インスタグラムが投稿した、着物を纏い、刀を構える久保のコラージュに注目が集まっている。

 久保は現地時間2月13日に行われたラ・リーガ第21節エスパニョール戦(3-2)で先制ゴールを含む2得点に絡む活躍を披露。今季リーグ戦4点目となり、スペイン挑戦4シーズン目でリーグ戦通算ゴール数は二桁の「10」に到達した。

 ソシエダはクラブ公式インスタグラムで「タケ、日本人としてラ・リーガで10得点した2番目の選手に。さらにこの数字を伸ばすだろう!」と投稿。ラ・リーガで計6シーズンプレーし、計16ゴールを挙げた元日本代表MF乾貴士(清水エスパルス)に次いで、スペイン1部で二桁得点をマークしたことを紹介しつつ、日本出身らしく、着物を纏い、刀を構えたコラージュをアップした。

 これには、ファンからも「ソシエダの着物! なんてカッコいいの」「スペイン史上、日本人最高のファンタジスタになる」「似合ってる」「まさにサムライブルー」「素晴らしい役者」といった声が寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング