「クロップはミトマのファン」 三笘の躍動にリバプール専門メディア絶賛「感銘を受けた」

クロップ監督が三笘の活躍を称賛【写真:Getty Images】
クロップ監督が三笘の活躍を称賛【写真:Getty Images】

三笘の劇的な決勝弾に対戦監督も反応

 イングランド1部ブライトンは現地時間1月29日、FAカップ(杯)4回戦で前大会王者リバプールと対戦し、2-1で勝利を収めた。日本代表MF三笘薫は後半アディショナルタイムで劇的な決勝弾を奪い、専門メディアは「クロップはカオル・ミトマのファン」と取り上げている。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 21日に行われたプレミアリーグ第21節のレスター戦で鮮烈なミドル弾をマークした三笘は、勢いそのままにリバプール戦にも先発出場。14日に行われた第20節で対戦したばかりの両チームだが、その際はブライトンがリバプールを相手に3-0と圧勝していた。しかし、この試合では前半30分、カウンターの場面からMFハーヴェイ・エリオットがゴールを奪われた。

 先制点を許す展開となったが、直後の前半39分、CKのこぼれ球に反応したDFタリック・ランプティがミドルシュートを放つと、これがDFルイス・ダンクに当たって軌道が変わり、GKの逆を突く形でネットを揺らした。その後は一進一退の展開が続く中、1-1で迎えた後半アディショナルタイム、三笘が歓喜を呼び込む。

 セットプレーの場面で大きな弧を描いたクロスが放り込まれ、ファーで受けた三笘が華麗なトラップからフェイントを入れて相手DFを振り切って右足を振り抜くと、シュートはゴール上のネットに突き刺さり、土壇場で逆転ゴールをマーク。雄叫びをあげる三笘に、興奮したチームメイトが駆け寄って祝福した。そのまま2-1で終了し、ブライトンは5回戦へ駒を進めた。

 リバプール専門メディア「アンフィールド・ウォッチ」は公式ツイッターで「クロップはカオル・ミトマのファン」と投稿し、記事でも「リバプール戦のパフォーマンスにクロップは感銘を受けた」と見出しを打って取り上げている。試合後のコメントも紹介しており、「左サイドのロバートソンはチームで手助けできたので問題なかったが、逆サイドのアーノルドをうまくサポートできなかった。ミトマは本当に素晴らしいので、もちろん大変だった」と、三笘を抑え込むのに苦戦を強いられたと認めていた。

 今季プレミアリーグ初挑戦の三笘だが、名将ユルゲン・クロップ監督も強烈なインパクトを受けていることは間違いないはずだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド