今季出場時間が「19分」のミラン本田 ハリルJ合流直前のサッスオーロ戦も先発落ちか

伊紙が7試合連続のベンチスタートと予想

 今週末は日本代表メンバーにとって、10月のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選2連戦に合流する前のラストゲームが組まれているが、ACミランの日本代表MF本田圭佑は開幕から7戦連続のベンチスタートが濃厚になっている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 現地時間2日の18時にサッスオーロとの一戦を迎えるミランは、前節からの変更点は右サイドバックのDFダビデ・カラブリアに代わってDFイニャツィオ・アバーテがスタメンに入る可能性があるのみと報じられた。本田は定位置と化したベンチから戦況を見守り、チャンスを待つことが濃厚だ。

 現在勝ち点9のサッスオーロは今季UEFAヨーロッパリーグに参戦しているため、中2日の厳しい日程で臨むことになる。ミランは内容的には厳しい試合を続けているものの、勝ち点10を積み重ねて上位に踏みとどまっているだけに来季の欧州カップ戦の出場権を争う可能性のある直接対決は重要な一戦になる。

 本田はこれまで4試合を消化した9月のゲームで2試合に出場している。しかし、その内実はいずれも途中から投入されたもので、出場時間は合計19分間という厳しい現状がある。

 

page1 page2

トレンド

ランキング