ブライトン新監督就任のデ・ツェルビ氏が所信表明 「ウクライナを去る時に残したのと同じ情熱と同じ思いで仕事を続ける」

ブライトンの監督に就任することが決まったロベルト・デ・ツェルビ氏【写真:Getty Images】
ブライトンの監督に就任することが決まったロベルト・デ・ツェルビ氏【写真:Getty Images】

ロシアのウクライナ侵攻でウクライナからイタリアへ帰国

 日本代表MF三笘薫が所属するイングランド1部ブライトンの監督に就任することが決まったロベルト・デ・ツェルビ氏が記者会見を実施。母国イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」では、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて首都キーウから逃れてきた指揮官の言葉を報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ブライトンはグラハム・ポッター監督の指揮下で今季をスタートしていたが、強豪チェルシーがトーマス・トゥヘル監督を解任したあとに引き抜きを行った。そのため空席になっていた監督の座には、スコットランドの名門セルティックで指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督の名前も浮上したが、デ・ツェルビ監督の就任が決まった。

 現役時代、イタリア1部の名門ACミランの下部組織で育ち、キャリアの中ではイタリアの地方クラブやベルギーでプレーしたあとに指導者へ転身したデ・ツェルビ氏は、サッスオーロなどイタリア数クラブの監督を歴任し、昨季からウクライナ1部シャフタール・ドネツクを率いた。リーグ戦では18試合を終えて15勝2分1敗と好チームに仕上げていた。

 しかし、2月24日にロシアがウクライナに侵攻したことですべてが崩壊。デ・ツェルビ氏は、時に防空壕の中にも潜りながら4日間をかけて壮絶なイタリアへの帰国を果たしたことが当時に報じられていた。

 それだけに就任会見では「選手、クラブ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のためにシャフタールを選んだのに、2月24日に予想外のエピローグを迎えた。私は大きな悲しみを抱えてキーウをあとにした。その悲しみとは、まず戦争に対して、そして自分が受け継いできたチームを残してしまったことに対して。私にできることは、ウクライナを去る時に残したのと同じ情熱と同じ思いで仕事を続けること」と、シャフタールへの敬意を示した。

 そのうえで現在4位と好調なブライトンを受け継ぐことについて、「より大きな刺激になる。目標は昨年の結果を上回り、リーグ戦のトップ10に残ること。ピッチ上のチームは、何をすべきか分かっていて、明確なスタイルを持っている。しかし完璧というものは存在せず、常に改善すべき点があると私は信じている。新しいことをいくつか考えていますが、大きくは変えずに。先ほど言ったように私たちは常に向上できると信じているし、それが私の目標でもある」と、まずはチームのベースを引き継ぐと語った。

 ウクライナで悲劇が起こる前に見せていた手腕は、イングランドでも通用するのか。三笘の起用法も含め、イタリア人監督のマネージメントが注目される。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」