ソシエダ久保建英の台頭、なぜ予想外の「朗報」? 現地記者が「普通のことではない!」と衝撃を受けた理由

ソシエダでプレーする久保建英【写真:Getty Images】
ソシエダでプレーする久保建英【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】今回ソシエダ加入の久保、ベンチ予想を覆して開幕から連続先発

 レアル・ソシエダに今季加入した久保建英に対してシーズン開幕前、スペインの現地メディアの多くは、ベンチスタートが濃厚との見解を示していた。しかしリーガ・エスパニョーラ開幕から2週間が経過した今、FWミケル・オヤルサバルなどの攻撃陣が故障中という事実はあるものの、久保のスタメン入りに異論を唱えるものはおそらくほとんどいないだろう。

 第2節を終えた後、FWアレクサンデル・イサクがニューカッスルへ電撃移籍したことは、少なからずチームの痛手となった。これまでイサクと2トップを組んでいた久保は、リーガ第3節エルチェ戦でも当然のように先発出場を果たしたが、モハメド=アリ・チョーがスタメンに入ったことにより、今回のポジションは2トップの右だった。

 前節バルセロナ戦での“ガス欠”による大敗と、イサク退団の影響が懸念されたが、ソシエダはそのことを微塵も感じさせず、キックオフからゲームを支配していく。久保は序盤から積極的にDFの裏を狙う動きを見せ、前半18分にはグラウンダーの強烈なシュートで相手GKを脅かすプレーを見せた。

 ソシエダは同20分、MFマルティン・スビメンディの針の穴を通すような正確なスルーパからMFブライス・メンデスが先制点を記録。さらに同34分、チョーがファールを受けPKを獲得するが、キッカーを務めたMFミケル・メリーノのチップキックはGK正面に飛び、追加点を奪うことはなかった。

 後半開始後もレアル・ソシエダが有利にゲームを運び、同3分に久保が至近距離からゴールを狙うが、後ろからチェックを受けGKにストップされてしまう。その後も久保はチームメイトと連係しながら追加点を狙う動きを見せるが、猛暑の影響を受けたチームとともにパフォーマンスが低下していった。さらに同点ゴールが求めるエルチェに流れが傾き始めると、久保は守備に追われる時間が増え疲労の色が濃くなり、同33分にシルバとともにピッチを退いた。チームは苦しみながらも後ろに引いて前半の1点を守り抜き、1-0で勝利してアウェー2連勝を達成した。

page1 page2 page3

高橋智行

たかはし・ともゆき/茨城県出身。大学卒業後、映像関連の仕事を経て2006年にスペインへ渡り、サッカーに関する記事執筆や翻訳、スポーツ紙通信員など、スペインリーグを中心としたメディアの仕事に携わっている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」