森保ジャパンとPSGの5.5倍“観客差問題” 日本代表OB、E-1 優勝の意義を指摘「反骨心がJリーグの価値を高めた」

E-1選手権での観客数に注目【写真:高橋 学】
E-1選手権での観客数に注目【写真:高橋 学】

【専門家の目|金田喜稔】3戦合計でPSGが16万4348人、日本代表が2万9623人

 森保一監督率いる日本代表は7月27日、豊田スタジアム開催のE-1選手権第3戦で韓国代表に3-0と勝利し、2013年大会以来2度目の優勝を決めた。大会期間中、来日中だったフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)と日本代表の観客数が話題を集めたなか、解説者として長年にわたって日本代表を追い続ける金田喜稔氏は「サッカーの入り口は、PSG、日本代表、Jリーグのどれでも構わない」と言及。そのうえで、森保ジャパンの優勝が「Jリーグの価値を高めた」と評価している。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペらPSGのスター軍団が来日。7月20日の川崎フロンターレ戦(2-1/国立競技場)が6万4922人、同23日の浦和レッズ戦(3-0/埼玉スタジアム2002)が6万1175人、25日のガンバ大阪戦(6-2/パナソニックスタジアム吹田)が3万8251人と多くの人がスタジアムに足を運んだ。

 一方、国内組で臨んだE-1選手権の日本代表は、同19日の香港戦(6-0/茨城県立カシマサッカースタジアム)が4980人、同24日の中国戦(0-0/豊田スタジアム)が1万526人、同27日の韓国戦(3-0/豊田スタジアム)が1万4117人だった。

 スタジアムや曜日、時間帯などの諸条件を除いた単純な3戦合計では、PSGが16万4348人、日本代表が2万9623人と約5.5倍の人数差がある。

 金田氏は「PSGはメッシ、ネイマール、ムバッペらがいて、こんなスター軍団が揃って日本に来ることは滅多にないのだから、彼らが注目を浴びるのも当然と言えば当然だ。日本代表の観客数に寂しさを覚えていたのはサッカー関係者だけでなく、当の選手たち、スタッフらも同じだろう。ただ決してサッカー人気自体が低いわけではない」と語り、次のように続ける。

「もしサッカー人気がなければPSGの試合も観客はもっと少なかったはずだ。PSGのスターたちを見たいという人があれだけいることは、日本サッカー界にとってポジティブな話。なぜなら、それだけサッカーに興味を持っている人がいるわけで、サッカーのポテンシャルを示す人数でもある」

page1 page2 page3

金田喜稔

かねだ・のぶとし/1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」