浦和助っ人DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害も不可解判定 「どうしてですかね?」と元日本代表FWが疑問視

浦和DFショルツ【写真:Getty Images】
浦和DFショルツ【写真:Getty Images】

ACL大邱戦は0-0ドロー、浦和DFショルツを引きずり倒すタックルに驚き

 浦和レッズは、現地時間4月24日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節で大邱FC(韓国)と対戦し、0-0のドローに終わった。この一戦で浦和DFアレクサンダー・ショルツが“ラグビータックル”を食らうも、逆にファウル判定となる不可解判定に驚きが広がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は前節からメンバーを変更し、MF柴戸海、MFダヴィド・モーベルグ、MF関根貴大、MF明本考浩、FWアレックス・シャルクを起用。序盤からチャンスを作った浦和だが決定打を欠き、後半の選手投入でテコ入れを図るもゴールをこじ開けられないままスコアレスドローに終わった。

 注目を集めているのは後半早々のプレーだ。浦和DFショルツが敵陣中央で突破を試み、身体を張りながらボールをキープした。すると、相手の韓国人FWチョン・チインが両手を使ってショルツの腰付近を抱え込み、引きずり倒すタックルを見せる。

 当然、大邱側のファウルで浦和ボールになると思われたが、直後に主審はショルツのファウル判定。これには試合を解説した浦和OBの元日本代表FW福田正博氏も「ちょっとラグビーみたいになってますけどね。どうしてですかね?」と驚きを露わ。結果的に疑惑の判定となり、「これ完全に抱え込んでますけどね。ちょっと分からないですね、今の判定は」と疑問を呈していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング