久保建英、芝状態一任の「ボス」になる日が来るか マジョルカの名グランドキーパーを直撃

グランドキーパーの責任者であるベニート・マテオさん【写真:島田 徹】
グランドキーパーの責任者であるベニート・マテオさん【写真:島田 徹】

歴代監督の2パターンを紹介、唯一当てはまらなかった指揮官とは?

 グランドキーパーとして知り合った歴代監督は、2つのパターンに分かれるという。1つはピッチの状態を一定に維持してほしいというタイプ。多くの指揮官がこちらだった。もう1つは対戦相手や試合時間に合わせて芝の長さや散水回数や時間を事細かく指定するタイプだ。

 唯一、上記2タイプのいずれにも当てはまらなかったのがマジョルカの指揮当時(2000-01、03-04)のルイス・アラゴネス監督だったと振り返るマテオさん。特別な存在、考え方だっただけによく覚えていると語る。

「私が監督に『芝の状態をどうしますか?』って聞いたら『カーニョに聞いてくれって言うんだ。彼がピッチのボスなんだから』って」

 当時の絶対的なゲームメーカーで、後にアトレティコ・マドリードへ移籍し、アルゼンチン代表でもプレーしたMFアリエル・イバガサに一任していたという。

 これまでにチームで先発ポジションを確かなものにし、1部残留の目標達成を懸けて残り試合を戦う久保。来季以降にさらなるステップアップを狙う前段階としてマジョルカで絶対的な存在になった時には、あるいはこのマテオさんと芝の状態について意見を交わす日が来るのかもしれない。

(島田 徹 / Toru Shimada)

page1 page2

島田 徹

1971年、山口市出身。地元紙記者を経て2001年渡西。04年からスペイン・マジョルカ在住。スポーツ紙通信員のほか、写真記者としてスペインリーグやスポーツ紙「マルカ」に写真提供、ウェブサイトの翻訳など、スペインサッカーに関わる仕事を行っている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」