長谷部&鎌田所属のフランクフルト、ELに懸ける特別な思い その情熱は業火のごとく灼熱の熱さだ

フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地【写真:Getty Images】
フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】ELに本物の熱狂をもたらしたフランクフルト

 MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するドイツ1部フランクフルトにとって、UEFAヨーロッパリーグ(EL)は特別の大会だ。フランツ・ベッケンバウアー氏が「敗者のカップ戦」と揶揄したこともあったし、ELに回ることになった強豪クラブの中にはリーグ戦に向けて戦力を温存し、あっさりと敗退することだってあった。

 そんなELに本物の熱狂をもたらしたのがフランクフルトではないだろうか。

 準決勝進出を果たした2018-19シーズンは今でもファンの間では語り草。対戦相手がその2シーズン後にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で優勝したチェルシーというのも素敵じゃないか。アウェー戦にも大挙として押しかける。身体全身でチームを応援し続ける。そんなファンのサポートをバックに、選手は自身の持つポテンシャルを最大限引き出そうと闘志を燃やす。

 オーストリア代表CBマルティン・ヒンターエッガーがこんなことを言っていた。

「ファンが僕をどこまでも走らせてくれる。足を痛めて動けなくなった時も、終盤息が苦しい時も、彼らのサポートは本当に素晴らしい。僕に新たな力を与えてくれるんだ」

 フランクフルトにとってELは特別だ。本来であれば、どんな試合で満席になる。その情熱は熱いなんてもんじゃない。業火のごとく灼熱の熱さだ。このクラブでプレーするもの、指導するもの、スタッフとして関わるものはすべてそれが意味することを正しく理解しなければならない。

 10月に行われたグループリーグのオリンピアコス戦は3-1で快勝し、地元フランクフルトの記者に「フランクフルトにとってのELの重要さを実感しただろうか?」と尋ねられたグラスナー監督は、「この雰囲気を楽しませてもらった。ホームのこの雰囲気で戦えたことは素晴らしい。そしてファンのみんなに勝利で味わってもらうことができてよかった」と嬉しそうに答えていたことを思い出す。

 それだけに、コロナ禍でさまざまな条件をクリアしなければならないことは分かったうえで、ベティスとの第2戦が満員にならなかったことを誰よりも悔しそうにしていた。許可されたのは50%のキャパシティ。それでも、フランクフルトファンの力強さは健在だった。

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング