マジョルカ久保、レアル戦へ“スペイン紙一面”に登場! ヴィニシウスとのビジュアル掲載

マジョルカで活躍するMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカで活躍するMF久保建英【写真:Getty Images】

リーガ第28節で保有元のレアルと対戦、9試合連続となるスタメンか

 スペイン1部マジョルカは現地時間3月14日、ラ・リーガ第28節で首位レアル・マドリードとホームで対戦。日本代表MF久保建英にとっては保有元クラブとの一戦となるなか、スペイン「AS」紙の1面にはレアルのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールと並んだビジュアルが掲載されている。

 久保は2019年夏にスペインの名門レアルと契約し、その後は2年間でマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェと期限付き移籍を繰り返し、昨夏にマジョルカへ再レンタル。今季は怪我で離脱する期間があったなか、ここまで公式戦21試合2得点の成績を残している。

 そんな久保を擁するマジョルカが、リーグ戦でレアルとの一戦を控えるなか、14日付の「AS」紙1面に久保とリーグ戦25試合13得点と絶好調のヴィニシウスが並んだビジュアルを掲載。「現在と未来」との見出しとともに、「安定したヴィニシウスのいるマドリードは、久保が成長しているマジョルカを訪問する」と注目している。

 プレマッチレポートでは予想スタメンに触れられ、久保は4-4-2の右サイドハーフで先発すると指摘。記事では今季途中、膝の怪我で離脱する期間があったことが影響し、2年前のレンタル時よりも劣るデータになっている現状があるとされながらも、9試合連続となるスタメンへ太鼓判が押された。

 レアルとの前回リーグ対戦時(昨年9月)、久保は前半に膝を痛めて途中交代強いられ、結果的に2か月以上も戦線離脱を余儀なくされた嫌なイメージが残る。これまで保有元のレアルとは5度対戦し、得点やアシストを残せていないなか、今回の対戦でインパクトを残せるかに注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング