久保建英、来季レアル復帰に向け“面会”へ 専門メディアが指摘「ベイルの穴埋めとして完璧にフィットする」

マジョルカでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】

現在のパフォーマンスを維持できれば「久保は白のユニフォームを着ることになる」

 日本代表MF久保建英が所属するスペイン1部マジョルカは、現地時間3月14日のラ・リーガ第28節で首位レアル・マドリードと対戦する。「レアル、久保建英と面会へ」とレアル専門メディア「Defensa Central」が報じた。

 記事では、久保の所有元であるレアルがマジョルカの本拠地に乗り込む一戦を受けて、「レアル、ソン・モイシュ訪問を機に久保と面会へ」と言及。レアルからマジョルカへ期限付き移籍中の久保にとって、次節は所属元復帰へアピールの場となるなか、久保がレアルの来季構想に入っていると指摘し、「久保の気持ちを確かめようと考えている」と続けた。

 レアルにはFWヴィニシウス・ジュニオール、DFエデル・ミリトン、FWロドリゴ・ゴエスとブラジル人3選手が所属しており、久保のレアル復帰に向けて当初はEU圏外3枠が問題と見られていた。だが、「2人のブラジル人ストライカー(ヴィニシウスとロドリゴ)は、数か月以内のスペイン国籍を取得し、新しい選手の配置が可能になると予想されている。久保が活躍すれば、来季のポジションを獲得する」と報じ、次のように考察している。

「レアルには、ベイル、イスコ、マルセロなどから、来季に構想外となる選手が出るのは確実と見られている。久保は、ウェールズ人(ギャレス・ベイル)の穴埋めとして完璧にフィットするだろう。レンタル移籍している選手の何人かはマドリードに戻ることになる。もし、久保が今のパフォーマンスを維持できれば、2022-2023シーズンに白のユニフォームを着ることになる」

 16位と苦戦するマジョルカにとっては、是が非でも勝ち点が欲しいなか、久保がどんなパフォーマンスを見せるのか注目だ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング