マジョルカ久保、決勝OG誘発→ベンチ通過の“情熱パフォーマンス”にスペイン注目

勝利に貢献したマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
勝利に貢献したマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

アスレティック・ビルバオで3-2勝利、久保のパフォーマンスがスペインでも話題

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間2月14日、リーガ・エスパニョーラ第24節アスレティック・ビルバオ戦で先発出場し、試合終了間際に決勝オウンゴールを誘発して3-2勝利に貢献した。ゴール直後に見せた“情熱パフォーマンス”にスペイン紙も注目を寄せている。

 久保は右サイドハーフで4試合連続スタメン出場。2-2と白熱の攻防を繰り広げるなかで迎えた後半43分、ショートコーナーキックの流れからペナルティーエリアへ侵入し、FWベダト・ムリキが落としたボールに久保が反応。角度のない位置から放った左足シュートはポストに直撃後、GKウナイ・シモンの頭部に当たってそのままゴールに吸い込まれた。

 決勝ゴールが決まった直後、ユニフォームを脱いだ久保はベンチ方向へダッシュし、そのままベンチを通過。1人スタンド前へと走り込み、歓喜を露わにしていた。スペイン紙「マルカ」は「彼はシャツを脱いで、情熱的なパフォーマンスでイエローカードを受けた」と説明している。

 また、試合後の記者会見で語った久保のコメントに注目し、「『僕はほとんど得点しないから(ゴールを決めて)少しおかしくなった。頭が真っ白になり、スタンドに飛び込もうかと思ったけどすごく高かった』と、身長173センチの久保が自信満々に語った」と紹介。感情を爆発させ、ベンチも通過した久保のパフォーマンスは現地メディアでも話題になっているようだ。

 チームは昨年8月以来(第2節のアラベス戦/1-0、第3節のエスパニョール戦/1-0)となるリーグ戦2連勝。久保も好調をキープしており、終盤戦のさらなる活躍に期待が懸かる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング