「どこへ行っちゃった!?」 マジョルカ久保、“ユニ脱ぎ&スタジアム疾走”シーンへ仰天「お茶目なの最高」

勝利に貢献したマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
勝利に貢献したマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

ビルバオ戦の終了間際に決勝オウンゴールを誘発し喜び爆発

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間2月14日、リーガ・エスパニョーラ第24節アスレティック・ビルバオ戦(3-2)で先発出場し、試合終了間際に決勝オウンゴールを誘発した。得点後、ユニフォームを脱ぎスタジアム外へ走って消えていくほど喜びを露わにした姿に、ファンからは「お茶目なの最高」「面白すぎる」と熱視線が注がれている。

 久保は右サイドハーフとしてピッチに立ち4試合連続でスタメン出場すると、果敢に相手ゴールへと仕掛けた。2-2で迎えた後半43分には、ショートCKの流れからペナルティーエリアへ侵入し、FWベダト・ムリキが落としたボールに反応。角度のない位置から放った左足シュートはポストに直撃後、GKウナイ・シモンに当たってゴールへ。このゴールが決勝点となった。

 記録上はオウンゴールになったものの、決勝ゴール後、久保はユニフォームを脱ぎ走ってスタジアム外へと消えていくほど喜びを爆発。歓喜のセレブレーションシーンへ、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが「ユニを脱ぎ、喜び大爆発 『どこへ行っちゃった!?』」と綴り注目すると、ファンからは「お茶目なタケクボくんになるの最高」「かわいい」「興奮し過ぎ」「久保くん面白すぎる」と熱視線が注がれた。

 試合後の記者会見で、ゴール後の行動について「僕はほとんど得点しないから(ゴールを決めて)少しおかしくなった。頭が真っ白になり、スタンドに飛び込もうかと思ったけどすごく高かった」と明かした久保。劇的な幕切れに、興奮を隠しきれなかったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング