中村憲剛氏、ベテラン大迫&長友のパフォーマンス称賛 「1月なのでJリーガーはきついんです」

後半で途中交代となったFW大迫勇也とDF長友佑都【写真:高橋 学】
後半で途中交代となったFW大迫勇也とDF長友佑都【写真:高橋 学】

サウジアラビアとの一戦でスタメン出場

 日本代表(FIFAランク26位)は2月1日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第8節・サウジアラビア戦(同51位)に臨んだ。スポーツチャンネル「DAZN」の裏実況「やべっち・憲剛の裏実況DAZN YouTubeチャンネル」で、試合を見ながらコメントしている元日本代表MF中村憲剛氏は、前節の中国戦(2-0)後に批判も浴びていたFW大迫勇也とDF長友佑都のパフォーマンスを称えた。 

 2点をリードした後半23分、日本の森保一監督は、大迫と長友をベンチに下げ、FW前田大然とDF中山雄太をピッチに送り出した。中国戦に続き、ベテランJリーガーを最初にベンチに下げる形となったが、中村氏は「大迫、よく頑張りましたね」と、ノーゴールだったものの、最前線で身体を張り続けたセンターフォワードを称えた。

 そして、「1月なのでJリーガーは、かなりきついんですよ。まだ公式戦を挟んでいない。1か月近くオフを挟んでですから。もちろん、その選手を使わなければいいというのもあるかもしれませんが、そういうことじゃないというのを2人は見せてくれた。このチームで何をするかっていうのを」と、批判を浴びることも増えたベテランコンビを称えた。

 この最終予選、先制した試合は5戦全勝という結果を残している森保ジャパン。必勝パターンに入ったともいえるが、このまま中国戦に続き、1月、2月の連戦を2連勝で終えられるか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング