京都移籍の大前元紀、新ユニフォームでの「きゅんです」ポーズにJリーガー多数反応「待ち受けにします」

京都で新シーズンを迎えるMF大前元紀【写真:Getty Images】
京都で新シーズンを迎えるMF大前元紀【写真:Getty Images】

京都に移籍した大前が新ユニフォームでの撮影で「きゅんです」ポーズ披露

 京都サンガF.C.の元日本代表MF大前元紀が、自身の公式インスタグラムを更新。新天地での新ユニフォーム姿を披露したが、笑顔全開の「きゅんです」ポーズにJリーガーたちが多くの反応を見せている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 大前は2008年に清水エスパルスでプロキャリアをスタートさせ、4年目の11年に大きく飛躍。12年12月にはドイツ移籍を果たした。その後、13年夏に清水に復帰し、大宮アルディージャ、ザスパクサツ群馬と渡り歩き、新シーズンからJ1昇格組の京都の一員となった。

 大前にとっても5年ぶりのJ1となるなか、インスタグラムを更新。清水、群馬時代に着けていた「50番」の新ユニフォームを纏ったポートレート写真をアップしたが、クールに決めた1枚目とは異なり、2枚目では流行した「#きゅんです」ポーズで対応。笑顔全開だが、「#やらされたんです」と“弁解”している。

 これには、ザスパクサツ群馬DF平尾壮が「待ち受けにします」と反応。ガイナーレ鳥取DF鈴木順也が「かわいいです」と書き込めば、FC岐阜DF舩津徹也は「可愛くないで?」とツッコミを入れ、大いに盛り上がりを見せている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング