高原直泰、元磐田10番の「大先輩」との再会2ショットにファン注目 「熱い」「すごい2人」

元日本代表FW高原直泰(写真は2015年のとき)【写真:Getty Images】
元日本代表FW高原直泰(写真は2015年のとき)【写真:Getty Images】

高原が元日本代表MF藤田俊哉氏との2ショットを投稿

 九州サッカーリーグに所属する沖縄SVでオーナー、選手と二足の草鞋を履く元日本代表FW高原直泰が公式インスタグラムを更新。ジュビロ磐田時代に共闘した経験を持つ元日本代表MF藤田俊哉氏との“再会ショット”を投稿している。

 1979年生まれの”黄金世代”の1人である高原は、1998年に清水東高から磐田へ加入。プロデビュー戦で初ゴールを挙げると、ルーキーイヤーで20試合5得点をマークした。主力FWとして台頭した後は、ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)、ハンブルガーSV(ドイツ)、フランクフルト(ドイツ)と海外を渡り歩き、フランクフルト時代にはブンデスリーガで日本人初のハットトリックを挙げる快挙を達成した。

 海外組として日本代表でも活躍し、06年のドイツ・ワールドカップにも出場。国際Aマッチ57試合23得点を記録した。11年以降は国内クラブを転々とし、16年からは自ら創設した沖縄SVでプレーし、当初は監督としても指揮。現在はオーナー兼選手としてクラブを牽引している。

 そんな高原は、「大先輩の俊哉さんと久しぶりに会えました」とインスタグラムで、1998~2001、02年に磐田で共闘した元10番・藤田氏との和やかな2ショットを投稿。ハッシュタグでは「#年末の思い出」と綴られており、昨年末に久々に再会したようだ。ファンからは「すごい2人」「熱い」「最高です!」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド