“4戦連発”絶好調の奥川雅也、ドイツで大活躍の秘密 「結構工夫している」こだわりとは?

ビーレフェルトで活躍するMF奥川雅也【写真:Getty Images】
ビーレフェルトで活躍するMF奥川雅也【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】ビーレフェルト、なぜ好調? 理由はチームスタイル変更と奥川の得点力

 16節から18節まで3試合のドイツ1部・ブンデスリーガ順位表を見たら、驚きの結果がそこにはあった。

 1位はバイエルン・ミュンヘン? ボルシア・ドルトムント?

 いや、ドイツ1部で日本人初の4試合連続ゴールを達成した奥川雅也がエースとしてチームを引っ張るビーレフェルトだったのだ。ボーフム(2-0)、ライプツィヒ(2-0)に連勝し、18節では好調フライブルク相手に0-2から追い付いての引き分け。同節ではライバルチームもそれぞれ引き分けているため、順位は変わらず17位のままだったが、ここ最近の好調さには目を見張るものがある。

 それにしてもなぜ急に?

 好調の理由はチームスタイルの変更と奥川の得点力だ。

「自分たちのプレーの仕方を変更して、自分たちでボールを保持できるようになるためにより狙いを持ったプレスを仕掛けることができたし、そこからチャンスを作り出すことができた。あれが追撃が成功した鍵になったと思う」

 これはフライブルク戦後に公式ホームページでアップされていた奥川の談話。この試合では後半15分に奥川が見事な右足ミドルシュートで反撃ののろしを上げると、そこからビーレフェルトは試合の流れを掌握することに成功し、同点に持ち込むことができた。

 奥川のゴールがチームに勢いをもたらしたというのも大きい。だがそれ以上に、チーム全体として引いて守るのではなく、前から相手にプレスを仕掛け続けて自分たちでリズムを掴み出すという空気が生まれたことが決定的な要素となった。

 ボーフム監督のトーマス・ライスは試合後の記者会見で「ビーレフェルトは『エークリッヒ』にプレーすることができるやりにくいチーム」と眉間にしわを寄せながら評していた。「エークリッヒ」とは直訳すれば「おぞましい」とか「汚らしい」となり、「エークリッヒにプレー」とは「汚れ仕事をいとわずに体を張ってプレー」と表現することができる。

 相手に押し込まれる時間も少なくはないが、それでも守備ラインを深くしすぎずに前線からボールを奪いに走り続ける。かいくぐられてもすぐに戻ってギリギリのところで身体を投げ出し、最後のところで跳ね返していく。

「これまでの数試合でいいゲームができていた。後半はチームで力を出し切って、勝ち点1をみんなでもぎ取った。僕らにとっていいサインだと思う。それをチームみんなでピッチ上で表現できたら、いつでもいいゲームをすることができる」

 フライブルク戦後の奥川のコメントには、チームとして向かうべき道が確かに言い表されているし、そうしたチームの頑張りがゴールへ結び付くという流れができていることが自分たちの自信となり、手応えとなり、さらなる力を生み出す要因となっているわけだ。

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング