Jリーグ新天地移籍組「飛躍を遂げそうな10人」 “川崎の大砲”に注目、個人昇格MFが古橋亨梧級の大ブレイク!?

新天地での活躍が期待される選手たち【写真:Getty Images】
新天地での活躍が期待される選手たち【写真:Getty Images】

【識者コラム】新たなクラブで飛躍を遂げそうなプレーヤー10人を独自選出

 Jリーグの各クラブはこのオフ、2022年シーズンに向けた補強を実行。新チームが始動しつつあるなか、新たなクラブで飛躍を遂げそうなプレーヤーは果たして誰か。新天地移籍組の中から「飛躍を遂げそうな10人」独自にピックアップして紹介する。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

【1】杉本健勇(29歳)
(ジュビロ磐田←[横浜F・マリノス→]浦和レッズ/FW/レンタル移籍)
昨季リーグ成績(J1):11試合3得点(横浜FM)/16試合2得点(浦和)

 杉本はこの移籍が「ラストチャンスだと思っている」と明言。それはプロ選手としてのラストチャンスという意味ではなく、トップ選手であり続けること、そして日本代表への復帰だ。今回の移籍に際して、磐田の強化部ともそのことを強く確認したという。FWルキアン(→アビスパ福岡)と比較されることは「何とも思っていない」というが、数字に関しては50ゴールと冗談で言った後に15ゴールと、十分に到達可能な目標を挙げた。

 昨年、浦和からのレンタル先である横浜FMでは、ボックス内のプレーが増え、決定的なシーンにも顔を出すようになったが、「チャンスを多く逃した」と本人は反省点を口にしている。新シーズンでは、プレーの質をどこまで磨けるかが見どころ。磐田にはMF遠藤保仁をはじめ多くのパサーがおり、正確なクロスだけでなく相手ディフェンスの裏へラストパスも出てくるだけに「しっかりと生かしていきたい」と語る。

 11月で、ちょうど30歳になるシーズン。ガンバ大阪のFW宇佐美貴史など同期の選手もキャリアのピークを迎えてきているが、杉本は再飛躍するのか、それとも、転げ落ちてしまうのか。磐田の浮沈に加えて、代表への復帰を果たせるかという目線でも注目したい。

【2】瀬川祐輔(27歳)
(湘南ベルマーレ←柏レイソル/FW/完全移籍)
昨季リーグ成績(J1):18試合2得点

 FWオルンガ(アル・ドゥハイルSC)、FW江坂任(浦和レッズ)、FWクリスティアーノ(V・ファーレン長崎)とともに、前線を牽引したカルテットの1人だが、昨シーズンは途中出場を含む18試合の出場で、2得点1アシストにとどまった。個人能力に疑いの余地はなく、湘南スタイルにどこまでフィットするかに尽きる。アウトサイドでもプレー可能だが、2トップの一角から鋭い動き出しでゴールに向かって行くはずだ。

 2019年にはJ2で11アシストを記録するなど、周りを生かすセンスも非凡なものがある。スイスから復帰したFW若月大和(←FCシオン)、さらなる成長へ期待がかかるFW根本凌など、前線との相乗効果もありそうだ。新体制発表会では具体的な数字は決めていないとしながらも「キャリアハイを狙いたい」と語り、2018年の9得点を上回る二桁得点が目標になる。それだけの結果を残せれば、湘南の上位躍進も現実味が出てきそうだ。

page1 page2 page3

河治良幸

かわじ・よしゆき/東京都出身。「エル・ゴラッソ」創刊に携わり、日本代表を担当。著書は「サッカーの見方が180度変わる データ進化論」(ソル・メディア)など。NHK「ミラクルボディー」の「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」を監修。タグマのウェブマガジン「サッカーの羅針盤」を運営。国内外で取材を続けながら、プレー分析を軸にサッカーの潮流を見守る。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング