「かっけぇー!」 バルセロナ安部裕葵、“ベンツ運転”オフショットに「鹿島で待ってます!」

FCバルセロナB所属の安部裕葵【写真:Getty Images】
FCバルセロナB所属の安部裕葵【写真:Getty Images】

「どこかで自分の口からお話出来たらなと思っています!」と“報告”予告

 スペインのFCバルセロナBに所属するMF安部裕葵が自身のSNSを更新。「元気にやってます」と運転ショットを公開し、脚光を浴びている。

 安部は2019年夏に移籍金110万ユーロ(約1億4000万円)で鹿島アントラーズからバルセロナBへ完全移籍し、4年契約を締結。1シーズン目は20試合4ゴールの結果を残すも、その後は度重なる怪我などもあり、2シーズン目はリーグ戦8試合の出場にとどまった。スペイン3年目の今季は、現地メディアから退団説も浮上している。

 そんななか、安部がインスタグラムを更新。「2021年、もう終わりますね、色々な報道がありますが元気にやってます どこかで自分の口からお話出来たらなと思っています!」と綴り、車を自ら運転するオフショットをアップした。

 カジュアルな服装で黒の帽子をかぶりポーズを決める安部。運転席でハンドルを握るなか、メルセデス・ベンツの象徴的なエンブレム「スリーポインテッド・スター」も写っている。

 ファンから「安心しました」「楽しみです」「かっけぇー!」などの声が上がった一方、「鹿島で待ってます!」「鹿島の10番空いてますよー」と復帰を望むコメントも寄せられていた。今冬に動きがあるのか、ファンも固唾をのんで動向を見守っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド