冨安の顔踏みつけ被害もランクイン プレミアリーグ「2021年のワーストVAR判定ランキング」を英選定

冨安への顔面踏みつけが「2021年のワーストVAR判定ランキング」に選出【写真:Getty Images】
冨安への顔面踏みつけが「2021年のワーストVAR判定ランキング」に選出【写真:Getty Images】

エバートンDFゴッドフリーが冨安の顔を踏みつけるもイエローカードさえ出ず

 イングランド1部アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋は、現地時間12月6日に行われたプレミアリーグ第15節でエバートン戦(1-2)でDFベン・ゴッドフリーにスパイクの裏で顔面を踏みつけられた。大きな物議を醸したこのアクシデントが、英メディアが特集した「2021年のワーストVAR判定ランキング」にランクインした。

 波紋を呼んでいるのは、0-0で迎えた前半28分のシーンだ。冨安が右サイドでエバートンMFアランと競り合って倒れ、その直後に相手DFゴッドフリーに足裏で顔面を踏まれる形となった。冨安はあご付近に切り傷を負ってわずかに出血。ファウルを主張し、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がチェックするも、ゴッドフリーへカードは提示されずにノーファウルの判定となった。

 ゴッドフリーのアクションが意図的に見えたことからSNSなどでは批判の声も相次ぎ、イエローカードすらも出なかった判定に対する疑問も上がった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説を務める元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏も「(ゴッドフリーの踏みつけは)100%意図的だ」と断言していた。

 英メディア「GIVE ME SPORT」はプレミアリーグの「2021年のワーストVAR判定ランキング」のトップ8を選定。冨安の顔面踏みつけ被害は6位にランクインし、記事では次のように紹介されている。

「ベン・ゴッドフリーはアーセナル戦で冨安健洋を踏みつけたあと、ピッチに居続けられたことを幸運に思うべきだろう。ゴッドフリーは試合中に何度も激しいタックルを仕掛けていたが、特に注目を集めた事件がこの冨安の一件だった。ゴッドフリーはアーセナルDFの顔にスパイクのスタッズを当て、傷を残した。しかし、VARも含めてこの試合の担当審判団はこの件を純粋に偶発的なものだと判断し、イエローカードさえも与えられなかった」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド