ドイツで注目度上昇 ビーレフェルト奥川の2戦連続ゴールに見た“攻撃の切り札”としての光

ビーレフェルトMF奥川雅也【写真:Getty Images】
ビーレフェルトMF奥川雅也【写真:Getty Images】

ボーフム戦ではブンデスで初のヘディング弾で決勝点

 ドイツ1部ビーレフェルトのMF奥川雅也が、連続ゴールで注目を集めている。現地時間12月15日のブンデスリーガ第16節ボーフム戦(2-0)ではヘディングシュートで決勝点を挙げ、国営放送「ARD」のスポーツ番組「スポーツシャウ」が選定する同節ベストイレブンに選ばれた。

「前節(15節ヘルタ戦/0-2)すごいひどい試合だったので、みんなでもミーティングをして、『ホーム2試合、もう1回チームとして戦おう』って試合前から話していて。準備期間は短かったけど、気持ちの面で今日は『みんなでやるぞ!』というのが出せた試合かなと」

 奥川は試合後、このように振り返っていたが、たしかにビーレフェルトの全選手から気合いの入ったプレーが随所にみられていた。そして、ボールを保持すると「ビデオ分析で見て思ったよりスペースがあったので、僕たちの狙いだった空いたスペースに人が入ってというのができていた」と奥川が指摘したように、テンポのいい攻撃で相手ゴール前へとボールを運んでいく。

 前半から虎視眈々とゴール前へ入り込むチャンスをうかがっていた奥川が後半6分、ついに均衡を破る貴重なゴールを決めた。それもヘディングで、だ。ブンデスリーガでは初めてのヘディングでのゴールに味方もスタッフも驚いた。

「たぶんザルツブルクで1回、開幕戦で決めているんですけど、練習でもあまりヘディングで決めることはないんで、チーム全員、自分も、スタッフも含めて『何が起きた?』ってびっくりするくらい(苦笑)。ただ自分ではいいボールが来ればヘディングできるという自負はあるんで、それが試合で出せたというのは良かったですね(笑)」

 フランク・クラマー監督は試合後の記者会見で、奥川のゴールシーンについて地元記者に尋ねられると、笑顔を浮かべながら冗談交じりに答えていた。

「マサヤがヘディングに強いことは知っていたよ(笑)。彼はいつでもゴールへ向かったプレーで何かを起こしてくれそうな選手だ。タイミングよく走り込んで、いいポジショニングを取ってくれる」

 得点につながったシーンだけではない。後半9分の走りも素晴らしかった。中央へ味方がボールを運ぶと左サイドからセンターへ入り込む。そこにはパスコースはない。でもそうすることで左サイドに流れていた味方へのパスコースを作っていた。そして自分はゴール前でスルスルとフリーとなり、パスを受けたらシュートに持ち込める段取りができ上がっていた。味方のパスミスでそのシーンはお預けとなったが、インテリジェンスの高さを感じさせるプレーだった。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング