久保建英の“股抜き”決勝弾を海外メディア称賛 「クールなフィニッシュ」「心を打ち砕く」

決勝点を決めたマジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
決勝点を決めたマジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

アトレティコ戦で後半29分から出場の久保、劇的弾で2-1逆転勝利の立役者に

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英が現地時間12月4日のリーガ・エスパニョーラ第16節アトレティコ・マドリード戦(2-1)の後半アディショナルタイムに今季初ゴールを決めて勝利の立役者となった。久保の劇的なゴールにはスペイン国外のメディアからも称賛の声が上がっている。

 久保は0-1と1点ビハインドの後半29分から途中出場。するとその6分後の同35分、セットプレーからDFフランコ・ルッソが決めてマジョルカンは同点に追い付いた。

 そして、久保の見せ場がやってきたのは後半アディショナルタイム1分だった。ハーフウェーライン付近でオフサイドギリギリのタイミングで抜け出した久保はそのままドリブルで独走。スロベニア代表GKヤン・オブラクとの1対1で冷静に股下を通すシュートを放ち、チームに決勝点をもたらした。

 カタールの衛星放送「ビーイン・スポーツ」は「アトレティコのライバル、レアル・マドリードからのローン選手である久保は後半から途中出場し、ヤン・オブラクの股下を抜くクールなフィニッシュを決めてマジョルカの驚きの勝利を決定づけた」と久保のゴール前での冷静沈着なプレーを絶賛している。

 また、アイルランドの有料スポーツチャンネル「Premier Sports」の公式ツイッターも「タケ・クボがドラマティックな決勝点。アトレティコの心を打ち砕くゴールを決めたのはレアル・マドリードのローン移籍加入しているこの男だった」と日本代表MFの劇的弾に注目。その活躍に国外メディアも熱視線を浴びせた。

 久保の鮮烈な今季初ゴールで昨季王者を下したマジョルカは10月2日の第8節レバンテ戦(1-0)以来、8試合ぶりの白星を挙げ、暫定12位に浮上した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング