古橋亨梧、後頭部”平手打ち被害”の倒れ方をレンジャーズOBが酷評 「恥ずべきもの」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧【写真:Getty Images】
セルティックの日本代表FW古橋亨梧【写真:Getty Images】

セルティックのライバルであるレンジャーズOBのレイ氏がPK奪取のシーンに言及

 スコットランド1部セルティックの日本代表FW古橋亨梧は、現地時間10月30日に行われたリーグ第12節リビングストン戦(0-0)で約3か月ぶりのベンチスタートとなった。途中出場からPKを獲得する働きを見せたが、ファウルを誘発したプレーについて、セルティックのライバルクラブであるレンジャーズOBが厳しい意見を突きつけている。

 今夏に加入後、リーグ戦8試合で5ゴールと存在感を発揮してきた古橋は、新天地デビュー戦となった7月31日の開幕節ハーツ戦(1-2)以来となるベンチスタート。試合はスコアレスのまま進み、後半13分から古橋はピッチに立った。

 古橋は前線で精力的に動きながらチャンスを作ろうとするも、ゴールは生まれず。後半アディショナルタイム、敵陣ペナルティーエリア内のボールとは関係ないところで相手DFアヨ・オビレイェから後頭部を叩かれ、そのまま倒れ込んだ。主審はオビレイェにレッドカードを提示し、セルティックにPKを与えた。

 センターフォワード(CF)で先発出場したギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスがキッカーを務めたが、相手GKの好セーブに遭ってチャンス逸。試合はスコアレスのままタイムアップを迎えた。

 当該シーン、ハイライト映像ではオビレイェが古橋の後頭部を叩く直前に、ゴール前の混戦が解けたところで古橋がオビレイェの胸を突き飛ばすような行動をしている。これにヒートアップしたオビレイェが左手で古橋に報復をする形となったこともあり、スコットランドの一部ファンから非難の声も上がっていた。

 イングランドのミルウォール、サンダーランド、ウォルバーハンプトンのほか、スコットランドの強豪レンジャーズでもプレーしたアレックス・レイ氏はポッドキャスト「Clyde 1 Superscoreboard」で「ペナルティーエリア内で人を殴ることはできないので、あれはペナルティーキックだと思う。その判定にはなんの問題もないが、(古橋の)倒れ方は恥ずべきものだ」と見解を述べている。

 オビレイェが暴力・報復行為に及んだのは間違いないが、レイ氏は古橋の倒れ方に厳しい意見を突きつけていた。


【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド