「ゴール前にバス置いた」「精神的に小さい」 C・ロナウドがアイスランドの守備的戦術を罵倒

シュート10本の不発を棚に置き、歴史的快挙の相手をメッタ斬り

 欧州選手権(EURO)初戦の伏兵アイスランド戦でまさかのドロー発進となったポルトガル代表だが、主将を務めたFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が自身の不発を棚に上げて、対戦相手の戦術を酷評。「彼らはゴール前にバスを置いた」「守って、守って、守りまくっただけだ」と、歴史的なドローで喜ぶアイスランドを批判し続けた。スペイン紙「マルカ」などが報じている。

 この日のポルトガル代表は、前半31分に右サイドの崩しからMFアンドレ・ゴメスがラストパスを送るとFWナニ(フェネルバフチェ)が先制点をゲット。前半を通じてもポルトガルが圧倒的に押す展開だったが、後半5分にMFビルキル・ビャルナソン(バーゼル)に豪快な右足ボレーを叩き込まれて同点にされた。

 その後ポルトガルは攻撃のギアを強め、ロナウド自身も10本ものシュートを乱れ打ちしたが、得点は挙げられず。まさかの1-1ドロー発進となった。この結果を受けて、試合後にフラストレーションを爆発させたのはロナウドだった。

「ちょっとイライラさせられたね。アイスランドは何もプレーしようとしなかった。ゲームに勝つために、僕らは勝つために懸命に仕掛けた」と切り出したCR7だが、イライラは収まるどころかヒートアップしていったという。

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド