36歳も衰え知らず ポドルスキ、キックの瞬間の”驚愕”大腿四頭筋に注目 「芸術作品」

元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】
元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】

サッカー専門サイト「433」がキックの瞬間の浮き上がった筋肉をピックアップ

 元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは今年6月で36歳となったが、その肉体は衰え知らずのようだ。海外メディアは、キックの瞬間の凄まじい大腿四頭筋に注目している。

 バイエルン(ドイツ)、アーセナル(イングランド)、インテル(イタリア)と欧州の名門でプレー。2017年には日本のヴィッセル神戸に移籍し、3年間でリーグ戦52試合15ゴールの成績を残した。

 その後、2020年1月にトルコのアンタルヤスポルへ加入。今年7月にはポーランド1部のグールニク・ザブジェと契約を結び、ここまでリーグ戦5試合に出場している。

 そのなかで、サッカー専門サイト「433」公式インスタグラムは、「ポドルスキはレッグデイ(脚を集中的に鍛える日)をサボらない」と写真を投稿。利き足の左太ももの筋肉が驚くほど浮き上がっており、36歳の年齢を感じさせない仕上がりをキープしている。

 海外ファンからは、「芸術作品」「体重オーバーだと思っていたけど、間違いだった」「ストロングマン」「どれだけ鍛錬すればこうなる?」「プリンス・ポドルスキ」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド