マルチな才能と「エロいプレー」の美学 リリー・フランキー×森重真人対談【後編】

不思議な縁のあるFC東京DF森重真人とリリー・フランキーさん【画像提供:FC東京】
不思議な縁のあるFC東京DF森重真人とリリー・フランキーさん【画像提供:FC東京】

自分自身に負荷をかけ続ける変わらぬ姿勢

 不思議な縁は、15年前にファンから「似ている」と手渡された油揚げの餅巾着がモチーフとなったキャラクターグッズから始まった。大分トリニータに加入したばかりの森重真人は、そのキャラクターを見て「確かに、似ているな」と、思った。当時は、その10年後に、その作者と膝をつき合わせて、話をするなんて想像もしていなかったはずだ。

 この餅巾着を結ぶかんぴょうぐらいの細さの縁は、じっくり味がしみ込んだ2015年にその『おでんくん』の生みの親であるリリー・フランキーさんとの初対談というカタチで結ばれた。森重と、『おでんくん』はアニメのアフレコ出演や、記念グッズなどでたびたびコラボレーションしてきた。餅のようにながーーい付き合いは今も続いている。

 そして、森重の史上28人目のJ1通算400試合出場を記念してコラボグッズ販売と、2度目の対談が実現。より味わい深くなった2人がコトコトと、楽しいトークを繰り広げた。(取材・文=馬場康平)

   ◇   ◇   ◇

――さて、『おでんくん』以外にも、お二人には大分から東京へと上京してきたという共通点があります。当時持っていたハングリーさや、エネルギーは今も変わりませんか、もしくはキャリアを重ねて新たな力の源が別にできたのかをお聞かせください。

リリー 田舎の友達からは「子どもの時からずっと同じことをしているね」と言われます。福岡で生まれて、大分に行って、東京に来て……。腰が落ち着かないのか、安定したくないのか……。森重さんもそうですが、きっと僕たちは自分自身に負荷をかけ続けているかもしれません。そこには、これからもチャレンジしていきたいと、今も思っています。

森重 僕自身も、安定とか、平凡とか、普通とかが苦手です。どちらかというと、邪道と思われる道を選択したり、いつまでも尖っていたいという気持ちがあります。常に今、自分の歩んでいる道が本当に正しいのかと疑問を持ちながら、また新たな刺激をいつも求めている。そういうことを楽しんできたので。

リリー 日本では、子どもの頃から全体主義を教わるので、普通でいなさいと言われる。でも、大人は普通でいなさいと言っておきながら普通以上になりなさいとも言っている。その矛盾に対して、子どもたちは戦っていかないといけない。常に、普通でいなさいと言っておきながら、50点を取ったら怒られてしまう。暗に普通以上になれという大人に対して、自分なりの答えを探していかないといけない。そういう矛盾に対して、スポーツや、芸術においても、子どもたちの意識を変えていかないといけないのかもしれません。

――マルチな才能をお持ちのお二人ですが、大変さや、難しさをどんなところに感じますか、逆に面白さはありますか?

リリー 僕はどの仕事も、同じことをしている感覚です。唯一違うのは、一人でやっているのか、大勢でやっているのかの違いです。何かを表現していることに変わりはありません。いろいろなポジションをやっているほうが集中はできます。ずっと一つのことをやっていると、どうしても集中が途切れるスピードが早くなってくるので。

森重 難しいからこそ、面白さがあると思っています。正解がないからこそ、考え続けるしかないことに面白さを感じる。分からないことや、新たなことを知る楽しさや、できなかったことができるようになるワクワク感が勝ってしまう。(いろんなポジションや新しいサッカーに触れると)知らない世界を見たいというマインドになります。

今、あなたにオススメ

トレンド