「喧嘩覚悟でいい」 俊輔と異なる“英雄像”へ…セルティック古橋に闘莉王が緊急提言

元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏とセルティックの日本代表FW古橋亨梧【写真:Getty Images】
元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏とセルティックの日本代表FW古橋亨梧【写真:Getty Images】

「闘莉王TV」で古橋の活躍を予言、一推し選手へ闘将流のエール

 セルティックの日本代表FW古橋亨梧が、UEFAヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ第1戦のAZ戦に先発出場し、豪快ボレーで1得点を奪う活躍を見せ、2-0の勝利に貢献した。公式戦6戦6ゴールと大爆発中のスピードスターを常々評価しているのが、元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏だ。華麗なファンタジスタとしてグラスゴーで愛され続けているMF中村俊輔(横浜FC)と異なるレジェンド像を目指すべきと、緊急提言を送っている。

 闘莉王氏は公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」で最新回を公開。セルティックに移籍した古橋がテーマとなっており、日本代表のレギュラーに以前から推薦していた闘将は、日本代表時代に共闘したセルティックの英雄を引き合いに出した。

「セルティックと言えば? ナカムーーーーラですね」と闘莉王氏。2005年にセルティックに加入した中村は、スコットランドリーグ3連覇に貢献してMVPにも輝き、UEFAチャンピオンズリーグでは伝説的なFKを沈めたレジェンド。日本人選手として比較されることもあるが、「(比較は)頭に入れないほうがいい。プレーも違う。サッカー観も違う。役割も違う。中盤ではナカムラは凄かったんだ。でも、FWでは俺が凄いんだという感じにしたほうがいいと思う」と持論を展開した。

 すでにFWとしてゴールを量産する古橋に、ストライカーとしてレジェンドの道を歩むようにエールを送っている。

 シャイで穏やかなスピードスターに対しては、「自分のやりたいこと、性格を表に出すこと。喧嘩覚悟でいい」と、闘将ならではのアドバイス。一推しのスピードスターへの愛情溢れる最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング