「誰も見たことがない人生へ」 JFLから駆け上がった果敢なSB…福西崇史×小池龍太対談【後編】

福西崇史氏は7月のアグレッシブプレーヤーに小池龍太選手を選出【写真:荒川祐史】
福西崇史氏は7月のアグレッシブプレーヤーに小池龍太選手を選出【写真:荒川祐史】

日本代表への思い…柏時代の同僚である伊東、中谷と「3人でまたプレーしたい」

福西 新しい監督(ケヴィン・マスカット監督)になって、やり方とかに大きな違いはありますか?

小池 そうですね。基本的なスタイルは変わりません。守備のところがオーガナイズされるところが攻撃よりは多いかなと思っています。

福西 小池選手がボランチのあたりでボールを持った時、一回、間を置いたり、ちょっと相手を引き出したりしますよね? そういうプレーを見ると、幅が広がっているなと感じます。このまま代表まで突っ走ってもらいたいですね。

小池 熾烈ですが、頑張ります。

福西 長友佑都選手も最初は走ってばかりの選手でしたが、プレーの幅を広げてあそこまでの選手になりました。右サイドでは酒井宏樹選手(現・浦和レッズ)がいますが、小池選手らしい走りを身に着けられれば、チームにとっても、小池選手にとっても大きいと思うので頑張ってもらえたらなと思います。

――柏時代のチームメートだった日本代表の伊東選手の活躍は、刺激になっていますか?

小池 そうですね。彼とは今でも結構、連絡も取っていて、また上のステージで一緒にプレーしたいという気持ちもあります。今、名古屋グランパスにいる中谷進之介選手も代表に選ばれましたが、柏で一緒にプレーしていて、右サイドで一緒に組んでいた3人でまたプレーしたいというのは、強く思っていることです。彼らに負けたくないですし、そこでサッカーを楽しみたいという気持ちは強いです。

――現役時代の福西さんのプレーで、小池選手が印象に残っていることはありますか?

小池 それこそアグレッシブなところですよね。激しい印象があります。僕も日本代表戦をよく見ていましたが、JFLの時なども守備が大事だなと思いながら福西さんのプレーを見ていて、「あの激しさは、どこからくるんだろう」と思っていました。イケメンな福西さんからくる、プレーの怖さと言いますか(笑)。

福西 基本的に、僕は最初に激しくいくようにしていました。最初に強めに行って、相手に恐怖心を与える。あとはプレーの細かいところでいうと、相手のバランスをどう崩させるか。僕は体も大柄で、体幹もみんなより強かったので、その部分で強くいっていた感じですね。小池選手には、相手がパスを出してきた瞬間に取れる速さがあると思います。そこの判断、体をぶつけるタイミングの判断がより鮮明になれば、もっともっと嫌な選手になると思います。僕はパスを出されるのが嫌だったのですが、小池選手は出させて取ることができると思うので、そこは磨いていってほしいですね。

小池 そうですね。その感覚とか、距離感は、まだ研究中というか、求めている部分です。まだ全然、まとまっていないので、これからですね。

福西 ただ激しく行く人は、絶対に嫌がられます。そういうプレーが小池選手にも見られるので、そこは続けつつ、逆にガツガツした選手がパッと離れて「あれ?」と思わせた瞬間に、さっと奪っていくという守備の幅も出てくると思います。まだまだ成長途中だと思いますが、このまま成長を続けてもらいたいです。そして結果を出し続ければ、A代表にも呼ばれるはず。あとの細かい話は、会った時にしましょう(笑)。

小池 ぜひ、お願いします。僕たちは7連勝したのですが、その次の試合で清水エスパルスと引き分けてしまいました。自分たちが求めているサッカーはできていると思うのですが、それをどう結果に結びつけていくか、そしてそれをどれだけ続けていけるかが、今後、このF・マリノスがビッグクラブになっていくためにも、一人ひとりの選手がさらに大きな選手になるためにも、その自覚をどれだけ持って、このサッカーをどれだけ信じられるかが重要です。また、応援してくださっているサポーターの皆様の期待を感じながら「応援し続けて良かった」と心から思ってもらえるように、自分たちはプレーと結果で恩返ししていきたいと思います。

[プロフィール]
福西崇史/1976年9月1日生まれ、愛媛県出身。95年にFWとしてジュビロ磐田に加入すると、プロ入り後にボランチへコンバートされ黄金時代を迎えたチームの中盤を支えた。J1通算349試合62得点の成績を残し、Jリーグベストイレブンも4度受賞。日本代表としても国際Aマッチ64試合7得点を記録し、2002年日韓大会、06年ドイツ大会とワールドカップに2度出場した。04年アジアカップでは優勝を経験している。

今、あなたにオススメ

トレンド