「マジョルカが恋しかった」 久保建英、古巣復帰への胸中告白「僕を望んでくれた」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

クラブ公式YouTubeチャンネルがインタビュー動画公開、マジョルカ復帰経緯に言及

 スペイン1部のマジョルカは現地時間11日、レアル・マドリードから日本代表MF久保建英を1年間の期限付きで獲得したことを発表した。クラブの公式YouTubeチャンネルではインタビュー動画が公開され、2シーズンぶりとなる古巣復帰への思いを語っている。

 久保は2019年夏にスペインの名門レアルと契約。その後は2年間でマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェと期限付き移籍を繰り返した。今夏の東京五輪出場を経て、来季への去就が注目されていたなか、マジョルカへのレンタル移籍が決定。久保にとっては2シーズンぶりの古巣復帰となった。

 久保の加入発表とともに、マジョルカは公式ツイッターで自転車に乗った久保が本拠地ソン・モイシュ内を走る様子が収められた一本の動画を投稿するなど、歓迎ムードを露わに。さらに公式YouTubeチャンネルではインタビュー動画が公開され、2シーズンぶりとなる古巣復帰への思いを語っている。

 新シーズンへの去就について、海外メディアでは当初、新天地候補としてレアル・ソシエダやエスパニョールの名も挙がっていたが、最終的に2シーズン前に在籍したマジョルカへの復帰を決断。インタビューでの冒頭、久保は「マジョルカのことを恋しく思っていた」と明かし、「ここで多くの人たちが僕のことを望んでくれているってすごく感じた。特にコーチ陣、監督、選手たち。何人かは僕にメッセージをくれ、僕をサポートし信頼してくれているって感じた。彼らからのメッセージを受け取った時ここに来ることを決め、このチームの一員になりたいと思った」と、決断までの経緯を述べている。

 スペイン挑戦1年目の2019-20シーズン、久保はマジョルカでリーグ戦35試合に出場して4得点4アシストをマーク。個人としてはまずまずの働きを見せた一方、チームは2部へ降格し、1部残留という目標達成には至らなかった。その後、チームはルイス・ガルシア監督を迎え、自動昇格となる2位でフィニッシュ。1シーズンで1部返り咲きを決めた。

「昨シーズンの試合を見た。2年前に僕がいた時とは違うってことは分かっている。今の方がかなり良い」と、今のマジョルカの印象を述べた久保は、自身の変化にも言及。「僕は多くのリズムを掴み、90分に渡って目一杯走ることができる。守備面の仕事でサポートすることができるし多くの規律がある。選手として僕はかなり良くなっている」と語り、チームの一員として最大限の力を発揮することを誓った。

「僕らがやらなければいけないのは目標達成のために最大限チームを助けるということ。10年後、僕がもっと大人になった時に唯一大事なのは結果。目標を果たすため、最大限の手助けをするためにここへ来た。僕はここにはたくさんの友人がいて、自分の家にいるような感覚がある。僕らはこのチームがさらに偉大な存在になるようにやって行く」

 マジョルカとは、まさに”相思相愛”の関係とも言える中で新シーズンを迎える久保。スペイン挑戦3年目での活躍に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング