「それがフットボール」 イングランド主将、PK失敗の若手を擁護「誇りに思うべき」

主将としてEUROを戦ったイングランド代表FWハリー・ケイン【写真:AP】
主将としてEUROを戦ったイングランド代表FWハリー・ケイン【写真:AP】

EURO優勝を逃したケイン、今大会の成果を強調「僕らは正しい道を進んでいる」

 イングランド代表は欧州選手権(EURO)の決勝で、イタリアにPK戦で敗れて初優勝を逃した。キャプテンとして“スリー・ライオンズ”を牽引したFWハリー・ケインは「グループとして誇りに思うべき」と大会を振り返った。

 グループDを首位で勝ち抜け、決勝トーナメントではドイツ、ウクライナ、デンマークを次々に撃破して決勝まで駒を進めたイングランド。イタリアとのファイナルは前半開始早々2分にDFルーク・ショーのゴールで先制するなど、勢いを見せつけた。

 しかし、後半22分にコーナーキックの二次攻撃からDFレオナルド・ボヌッチに押し込まれて同点とされ、1-1のまま延長を含めた120分間が終了。勝負の行方はPK戦に委ねられた。すると、イングランドはいずれも延長後半終了間際に投入されたFWマーカス・ラッシュフォード、MFジェイドン・サンチョが立て続けに失敗。GKジョーダン・ピックフォードも2本のPKセーブと気迫を見せたが、ラスト5人目のMFブカヨ・サカのキックをイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに防がれ、PKスコア2-3で敗れた。舞台は“ホーム”ウェンブリーだったが、大勢のサポーターの前でトロフィーを掲げることは叶わなかった。

 主将のケインは試合後、英公共放送「BBC ONE」のインタビューで「これ以上はない。選手たちは全力を尽くした」と100%の力を出し切ったうえでの敗戦だとし、「今は痛みを伴うが、僕らは正しい道を進んでいる。来年に向けて前進していきたい」と、来年のカタール・ワールドカップでの“リベンジ”を誓った。

 この大一番ではPK戦を見据えてピッチに送り出されたラッシュフォードやサンチョ、そして19歳にして大役の5人目キッカーを任されたサカがPKを失敗。彼らが大きな重圧に晒される結果となったが、ケインは「頭を高く上げなければいけない。PKは誰もが外す可能性がある。僕らは勝つ時も負ける時もいつも一緒だ」と辛酸をなめた同僚を擁護している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】